Dr.ROOFサイトへ戻る
「防水・リフォーム」ガイドトップページへ戻る

防水セルフチェック

お住まいの屋上は大丈夫? セルフチェックしてみましょう。

防水層のメンテナンスを行いながら、不具合箇所を早期に発見することが建物を長持ちさせる秘訣といえるでしょう。

実際に皆様の建物の屋上がどのような劣化状況かを、簡単なチェックリストを用いて診断してみましょう。

チェック1 現況が「アスファルト防水押えコンクリート仕上げ面」の場合

既存アスファルト防水押えコンクリート仕上げのイメージアスファルト防水押えコンクリート仕上げのイメージ図
Q1 防水改修を行わずに17年以上経過している。
Q2 現在雨漏りが発生している。
Q3 屋上の外側の壁に水平に長いひび割れが発生している。 押えコンクリートの押し出しによる外壁の亀裂
Q4 コンクリートのひび割れがひどい。叩くとカラカラと乾いた音がする。 パラペット笠木の亀裂
Q5 床面のコンクリートの目地が飛び出している。
コンクリート自体が盛り上がっている。
伸縮目地の飛び出し
Q6 外周の腰壁面(立上り面)のコンクリートモルタルが割れている。 立上り押え層の亀裂・欠損
Q7 ドレイン(排水溝)周辺のひび割れがひどい。雑草が生えている。 ドレイン周辺のひび割れ・植物の生育
「判定」ボタンをクリックして結果を確認してください。
採点結果

contents